高崎自動車整備大学校は1級自動車整備士養成など、就職に有利な自動車整備資格取得に向けた自動車整備士第一種養成施設です。


1級自動車科イメージ1級自動車科授業の様子1級自動車科授業の様子1級自動車科授業の様子1級自動車科授業の様子 整備士の最上級資格で、お客様の信頼を勝ち取る!!

日々進歩を続ける自動車業界に伴い、整備士に求められる能力もハイレベルなものになってきました。
整備士に必要とされるのは、確かな技術とお客様からの信頼。自動車業界の未来を担うリーダーとなるためのカリキュラムがここには詰まっています。
整備の基本はもちろん、最新技術に対応した知識や高度故障診断に対応した技術。また、エコや整備工場におけるリサイクルや環境保全の管理、会社経営のためのマネジメントや顧客のカーライフをコンサルタントする能力や、お客様への適切な保守管理アドバイスや接客応対などを身に付け、業界に即戦力として迎えられるための整備士プログラムが詰まった1級自動車科。その最上級の資格にふさわしい整備士を目指します。

1級とるならやっぱり高自大!! 高校・短大・大学卒業後は… 就職の場合は→実務経験を得て、3級自動車整備士取得→3級自動車整備士取得後、実務経験を得て、2級整備士取得→2級整備士取得後実務経験を経て、最短で7年間で1級整備士への受験資格高自大入学の場合は→1年で自動車の基礎を学び、構造を理解→2年で2級整備士に相応しい知識の向上→3年でコンピュータを使っての総合診断→4年で国家試験に向けて知識や技術の向上…となるので、最短で4年間で1級整備士への受験資格 1級整備士への受験資格

高自大1級自動車科の流れ

1年次 1年次の1級自動車科授業の様子 自動車の基本である、エンジンやブレーキなどの構造や作動を学び、3級整備士レベル以上の能力を身に付けます。

2年次 2年次の1級自動車科授業の様子 車の更なるメカニズムを理解するため、より細かい作動を学び、それを活かした故障診断や総合整備を修得、2級整備士取得を目指します。

3年次 3年次の1級自動車科授業の様子 EVやハイブリッドなどの最新技術やコンピュータを使った故障診断など、1級に相応しい高度な技術を身に付けます。

4年次 4年次の1級自動車科授業の様子 インターンシップでプロの現場を経験し、お客様接客法や経営実務を学び1級整備士取得を目指します。

1級自動車科について

先生  平成14年度に1級自動車整備士試験が復活し、本校も1級自動車科の開設に向け、努力してまいりました。そして、ようやく平成25年に認可もおり、ここに開設することができました。今の自動車業界は、目まぐるしい発展を遂げています。ハイブリッドや電気自動車など、車の技術は進歩し続けています。
 整備士は、お客様のお車の修理だけをするのではなく、ときに修理内容や点検内容の説明をし、ときにお車の取り扱いや新機構の説明などをし、ときにこれからのカーメンテナンスのご提案など、整備と接客の両方をこなす必要があります。
 本校の1級自動車科は、ただ整備士免許取得を目指すのではなく、整備技術の向上や知識の習得はもちろんのこと、お客様との接客方法など、整備以外の部分こそ大切だと思っています。4年間という長い時間をかけてそれらを修得し、お客様や同僚から信頼される整備士養成を目指しています。

点線

取得資格 1級小型自動車整備士/2級ガソリン自動車整備士/2級ディーゼル自動車整備士/中古自動車査定士
ガス溶接技能講習修了証/アーク溶接特別教育講習修了証/低圧電機取扱特別教育修了証
タイヤ空気充填特別教育講習修了証/危険物取扱者(乙種第4類)/損害保険募集人資格/職業訓練指導員資格

点線

PAGE TOP

資料請求・その他問い合わせ